椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 03日

びおソーラー実践塾に参加してきました。

今週の月曜日は東京田町にて町の工務店ネット&手の物語株式会社主催「びおソーラー実践塾」に参加してきました。30年間試行錯誤を繰り返し進化し続けた空気集熱式ソーラーシステムの始源である「太陽熱で温めた空気を室内に取り入れ換気を促し同時に室内を暖房する」ことを追求した仕組みそれが「びおソーラー」です。私も17年の間、空気集熱式ソーラーシステムを搭載した住宅、店舗、公共施設工事に携わってきましたがシンプルで高性能な「びおソーラー」システムこそリフォームにぴったりではないかと思い参加してきました。
d0332870_20575603.jpg
d0332870_20575369.jpg
こちらが屋根に載せる「集熱パネル」です。高透過型ガラスを採用し集熱効率もアップしたとの事。
d0332870_20575538.jpg
こちらはダンパーボックスとファンボックス。集熱した空気を室内に送り込む役割を担います。
詳しい内容につきましては3/4.5日開催のビオリノベーション相談会にご来場いただければスタッフがご説明させていただきます。



[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-03-03 21:29 | その他
2017年 02月 21日

「ビオ・リノベーション」温熱環境シュミレーション



ビオ・リノベーション」工事の要であります「ビオシェル工法」は既存の外壁の上に断熱材を貼り仕上げ材を塗りつける工法です。よって室内の工事が不要なので住みながら断熱改修ができます。
d0332870_11195934.jpg
しかしその効果はどのくらいあるのか?そこで実在する昭和53年に建てられた住宅をモデルに施工前と施工後の温熱環境や暖房消費量の変化をシュミレーションしてみました。結果は暖房エネルギーが灯油換算で1734L(約100,000円分)の節約、エネルギー消費量は従来の1/4以下に軽減できることになります。
d0332870_11202221.jpg
d0332870_11201691.jpg


このように断熱改修の成果を予めシュミレーションし予算に応じた改修工事をご提案いたします。
d0332870_11204442.jpg
d0332870_11205292.jpg
d0332870_11222607.jpg



[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-02-21 09:14 | リノベーション
2017年 01月 27日

植物の台座は動くと便利

ある道具によって些細な事だが改善されるとその道具のありがたさがわかったり、それによって煩わしく気が進まなかった作業が毎日続けられるようになった、そんな経験はありませんか?ちょっと大袈裟かもしれませんがそんな事をふと思ったのが植物のトレー下に置くキャスター付き台座の効果です。
d0332870_17445768.jpg
自宅件モデルルームでもある「カラマツハウス」の掃除は私の仕事でもありますが週3〜4回は掃除機をかけます。その際冬場室内に入れて置く植物が邪魔で掃除機をかけるのがかなり面倒でした。そんな時100円ショップ「seria」で発見したのがキャスター付き台座です。この道具のお陰で植物台座ごと移動し周辺も掃除機をさっとかけられますし何より煩わしさがなくなり継続して出来る「生活のリズム」が生まれました。
d0332870_17453092.jpg
d0332870_17455691.jpg
しかし効果に満足するとだんだん毎日見ているものですから「カッコ」が気になってきます。先日ブログで取り上げた植物を天井から吊るせる「BACSAC」なんていうものもありますが、自分なりにリデザインするのも習性となっているので色々考えているところです。

[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-01-27 18:09 | 生活
2017年 01月 24日

駐車場計画。雪の始末について

ここの所降り続く雪の始末に苦労されている方も多いと思います。かく言う私も旗竿敷地に建つ自宅兼事務所の雪を脇に積んだり軽トラックに積んで指定場所まで捨てに行ったりと苦労しておりますが、雪を掻きながらまだ手を付けていない駐車スペースの計画に何かしらの積雪対策を盛り込まなければと画策中です。

d0332870_17490029.jpg

d0332870_17501670.jpg
d0332870_17504718.jpg
d0332870_17511441.jpg
まず旗竿敷地の駐車スペース全体を屋根付きカーポートとし雪は屋根に積んでおくという案が考えられますが敷地の大半が構造物に占領されているようで最期の手段としたい・・・です。そこで浮上するのが駐車場土間に融雪機能を施す案です。駐車場土間コンクリート内に電熱線を配線し電気の力にて雪を溶かす方法を見たことがありますが電気代が高く使いきれないという話しを聞きます。しかしこれからの時代効率の良い太陽電池と蓄電池で賄う事が出来るようになるかもしれませんから検討の余地ありです。それともう一つ現実的なのが地下水をまき融雪する方法です。こちらは豪雪地帯の飯山市や津南町等で見かけますが効果的です。本日妻の実家にて義父が井戸水をまきながらU字溝の雪を溶かしていたので水温をはかった所14度強ありました。
d0332870_18123979.jpg
d0332870_18130704.jpg
因みに水道水の温度は9度でしたから5度ぐらい井戸水の方が暖かいので融雪も効果的ですし何より水道代の心配がいりません。
d0332870_18163754.jpg
d0332870_18165479.jpg
井戸掘りは条件が良いと20万程度で出来るようですのでこちらも検討の余地ありです。(そもそも水脈があればの話ですが)
以上の様に寒冷地の駐車場計画はいろんな可能性があります。まずは我が家で実験となりそうです。

[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-01-24 17:33 | その他
2017年 01月 10日

取手、引き手、ハンドル

カラマツハウスの扉、引き出しで使用されている取手、引き手、ハンドルを集めてみました。
d0332870_953530.jpg

引き戸、ナラしゃくり引き手(クリア塗装)
d0332870_953496.jpg

引き戸、スプルスしゃくり引き手(ペンキ仕上げ)
d0332870_9541249.jpg

家具引き戸、ナラ引き手(クリア塗装)
d0332870_9545584.jpg

引き戸、チーク引き手(クリア塗装)
d0332870_9551453.jpg

扉、ゴム取手(design:黒川雅之)
d0332870_9554213.jpg

扉、真鍮取手(design:株best)
d0332870_956446.jpg

扉、真鍮レバーハンドル(design:堀商店)
d0332870_9561683.jpg

扉、真鍮握り玉(design:堀商店)
d0332870_9562652.jpg

引出し、sus取き手
d0332870_956366.jpg

引出し、革製引き手(design:小泉誠)
d0332870_95646100.jpg

家具引き戸、スプルス引き手合せ式(OS拭き取り塗装)
d0332870_9565992.jpg

家具引き戸、スプルス引き手(OS拭き取り塗装)

用途、機能によって使い分けることが重要ですから私自身毎日カラマツハウスで実験も兼ねて色々使っています。お試しになりたい方は是非一度。
[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-01-10 10:11 | その他