人気ブログランキング | 話題のタグを見る

椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 24日

鉄筋工事

外周部のみ断熱入り型枠を起こしたら続いて鉄筋工事に移ります。図面に基づき事前に工場にて鉄筋を溶接してきますので現場での作業が短縮できますし精度も安定しています。(組鉄筋は溶接時に断面欠損及び強度不良を引き起こさない溶接方法で行わなければなりません。また複雑な加工部分は手加工及び現場加工が必要となります)

本現場は2mの開口部が連続する部分がありますので補強金をいれてあります。
鉄筋工事_d0332870_854035.jpg

鉄筋の継ぎ手、定着、かぶり厚、等をチェックしていきます。
鉄筋工事_d0332870_845583.jpg

鉄筋工事_d0332870_8442769.jpg


鉄筋工事が終わると今度は内部の型枠工事を行い設備配管の後いよいよコンクリート打設となります。

# by TUBAKISATO | 2014-10-24 09:15 | 新築
2014年 10月 22日

防湿シート敷きと捨てコン打設

砕石敷きが終わりましたらその上に土中からの湿気を抑える防湿シートを敷きます。その後型枠の位置基準を描くために「捨て」と呼ばれるコンクリートを打設します。

防湿シート敷きと捨てコン打設_d0332870_551640.jpg

子供達には特別立ち入りを許可しました。なかなかない経験ですから。
防湿シート敷きと捨てコン打設_d0332870_5522846.jpg

倉庫棟の地業工事も完了し、これにて型枠工事に移るわけですが本基礎工事は外断熱を採用しておりますのでこの段階で断熱材が現場に搬入されました。

防湿シート敷きと捨てコン打設_d0332870_654473.jpg

防湿シート敷きと捨てコン打設_d0332870_66082.jpg


本工事は環境創機の「そよ風システム」を採用しているので床下を室内空間同等とする必要があり基礎コンクリート外側に50ミリのポリスチレンフォームを張り付けます。住宅計画により基礎、断熱の考え方も様々です。

# by TUBAKISATO | 2014-10-22 06:10 | 新築
2014年 10月 20日

砕石の転圧

根切り工事が終わると続けて地業工事に移ります。2階建部分の基礎地中梁は鉛直荷重及び垂直荷重を分散させながら地盤に伝達するべく最大4mスパンで連続するように計画しており根切りにも現れております。その基礎を支えるために直接地盤に行う工事を地業工事と言い、砕石を敷きプレートにて転圧していきます。
砕石の転圧_d0332870_17465149.jpg

砕石の転圧_d0332870_17472666.jpg

基礎スラブのハンチ(斜め部分)部分の転圧もランマーとプレートにて念入りに転圧していきます。ハンチ部分の転圧が今後の配筋(かぶり厚)及びコンクリート打設に大いに影響することは言うまでもありません。
砕石の転圧_d0332870_17474772.jpg

砕石の転圧_d0332870_174878.jpg

砕石の転圧が終わりました。とても綺麗な仕上がりです。

# by TUBAKISATO | 2014-10-20 17:57 | 新築
2014年 10月 17日

ようやく着工しました

5月末に自邸の地鎮祭をしてから早いもので4.5ヶ月が経ちました。友人知人には「そろそろ完成?」なんて言われますが・・・・・完成どころか手つかずの状態でした。それもこれも県産材及び低炭素型住宅の助成金の申請と合わせて「ふるさと信州環の住まい住宅型式認定」の申請の調整業務に手間取った為です。そしてようやく9月末に認定がおりました。(いやー長かった)詳細は追ってブログ等にてアップさせていただきますがこれにてようやく着工の運びとなった訳です。これから自邸の進捗状況を随時アップして行きますのでよろしくお願い致します。

まずは基礎工事です。事前に地盤調査をした結果は良好でしたので根切り工事からはじめて行きます。

ようやく着工しました_d0332870_11302127.jpg


自邸建設地は緩やかな傾斜地で今から20年程前までは水田だった所です。その後盛り土による造成後借家が建ち3年程前に更地にして分譲していました。掘ると土中からはコンクリート片等が出てきましたがその層を超えると固い粘土層が現れました。またどこからともなく集まってきた地下水も確認出来ました。
ようやく着工しました_d0332870_11455268.jpg

ようやく着工しました_d0332870_11342359.jpg

ようやく着工しました_d0332870_1134230.jpg

水田だった頃はこの粘土層が雨水の浸透を遅らせ水持ちの良い水田をつくっていたでしょう。
もちろん事前の地盤調査にて粘土層の位置及び地下水位も把握してましたし、何より周辺の住宅の基礎工事状況を見てましたので想定内です。結果ベタ基礎にて土間レベルを水位上に設定しているのでこの程度の地下水なら特別な暗渠配管等は必要ないと判断しました。建築計画の際は地理的条件、周辺の様々な環境から見えない部分を予測する事はとても大切な事だと改めて痛感しております。

# by TUBAKISATO | 2014-10-17 11:59 | 新築
2014年 07月 25日

松代の家改修工事 

梅雨が明けたようで連日暑い日が続き少々バテ気味であります。5月中旬からスタートした松代の家改修工事(設計:トモエ設計室)ですが難所である耐震工事と4.5間開口部工事が概ね終了したのでご紹介致します。
松代の家改修工事 _d0332870_15374496.jpg

こちらは5月中旬解体時の外観。4.5間のスパンを柱1本で支えている状態。
松代の家改修工事 _d0332870_1538991.jpg

新たに柱を4本立て補強しながら耐力面材でなく下見板を所定の釘にてとめる。新たな開口部位置が現れる。
松代の家改修工事 _d0332870_16393115.jpg

ピーラー枠を取り付け。改修工事では付き物の立ち,水平に頭を悩ませている様子。大工はいつもの鈴木棟梁と白沢大工。実に頼もしいコンビです。
松代の家改修工事 _d0332870_154152100.jpg

何とか建具枠と戸袋の造作が完了。枠の塗装も終え後はガラス到着を待つばかり。

ここからはちょっと細部について。(開口部の納まりは全て施工提案している部分ですので責任も重大なんです)
松代の家改修工事 _d0332870_15541455.jpg

まず今回は腐りやすい敷居をSTEEL平板曲げ物にて製作し土台及び柱に留め付けました。レールは磨き丸鋼9Φを浮かして溶接し雨水が切れるようにしてあります。
松代の家改修工事 _d0332870_1559248.jpg

木製片引き込みの場合どうしても気密性能を確保するのが難しいのですが縦枠をしゃくり建具側の凸部が入るようになります。またモヘアを取り付け少しでも隙間風の侵入を防ぎます。
松代の家改修工事 _d0332870_16115977.jpg

モヘアが框に接しています。
松代の家改修工事 _d0332870_168135.jpg

上部には隠し框の室内側にロールスクリーンを埋め込むスペースを確保しています。写真ではわかりませんがもちろん上部枠にもモヘアがついています。
松代の家改修工事 _d0332870_16153831.jpg

取手は堀商店の角形引手、半回転取手はBEST。
松代の家改修工事 _d0332870_16191041.jpg

引き寄せハンドルは中西産業。僅かですがハンドルで建具を引き寄せ気密向上に貢献します。

ということでいよいよガラス搬入日。幅約2M×高さ約1.9Mのガラスですから重さは100Kgを超えます。ちなみにガラスはLOW-Eガラスです5+A16+5で計26ミリ厚となります。3人掛かりでやっとこ運びます。
松代の家改修工事 _d0332870_16264280.jpg

松代の家改修工事 _d0332870_16272462.jpg

せっかくですからペアガラスの外周部シールが隠れるよう配慮してあります。ビスは1番ビットにて細かく留め、ビス頭が入りすぎないよう注意します。
松代の家改修工事 _d0332870_16315015.jpg


ようやくガラスがはまり作業終了。
松代の家改修工事 _d0332870_1633335.jpg

松代の家改修工事 _d0332870_16492398.jpg


ここまで長かった・・・感無量。ではありません。まだこれから竣工に向けて皆でがんばります。

# by TUBAKISATO | 2014-07-25 16:49 | リノベーション