椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 19日

秋山建築学校 in木曽

先週の12日〜14日はteam次世代主催の「秋山建築学校vol3」in木曽に出席してきました。建築家秋山東一氏と共に地域工務店の設計実務者が集い共に設計力の向上を目指す機会ですからいつも刺激になります。

まずは村上工務店さんのモデルルームで建築の即日設計。「設計を実践で学ぶ」これこそ建築学校の醍醐味です。秋山先生の講評はモデルルームデッキスペースにて。気持ちの良い外部空間でした。
d0332870_06173953.jpg
d0332870_07505368.jpg
夜の宴。2次会は木曽三岳奥村設計所の板倉にて。伝統的な板倉づくりの内部は全てを包み込む包容力と共に快適に過ごす為の工夫(装置)に間近で接しているとコックピットのような緻密さが感じられました。
d0332870_07560064.jpg
d0332870_07555596.jpg
d0332870_07560678.jpg
明朝、外観を見る為に再び板倉を訪れる。周辺にある同構法の建物との違いは屋根が2重構造になっている所。今では木曽地方でも石置き屋根は少ないそうです。
d0332870_06204716.jpg
d0332870_06205499.jpg
d0332870_09540947.jpg

d0332870_06211040.jpg
二日目は木曽アルテック斉藤社長の仕事を見学。木、漆、和紙、鉄、様々な素材を使って空間を作っていく、その自由自在ぶりに圧倒されました。
d0332870_06220982.jpg
d0332870_06222235.jpg
d0332870_09321026.jpg
d0332870_09322163.jpg
d0332870_09315386.jpg
d0332870_09340185.jpg

そして松本に移動。最後に秋山先生設計の「飛曇荘」へ。私にとっても思い出深い住宅である飛曇荘は庭木も随分と成長し変わらず堂々と建っていました。その日は飛曇荘に泊めていただき明朝長野に戻りました。
d0332870_09433558.jpg
d0332870_09433040.jpg
d0332870_09434040.jpg
この度の木曽、松本の旅は改めて私のテーマでもある「堂々とした建築」について大いに考えさせらる時間となりました。

[PR]

by TUBAKISATO | 2017-07-19 09:56 | その他