椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 08日

倉庫棟完成(ほぼ・・・)

3月末に建基法完了検査と環の住まい完了検査を終えてからも私の仕事は色々残っております。というか「住宅に完成はない」等と半分開き直っているのですが・・・。そうは言いましても引越しを11日に控えておりますので床の塗装までは終わらせようと思っています。
さて今回は一足早く完成(ほぼ・・・)しました倉庫棟のご紹介です。計画当初、倉庫(書庫)ですので内装は安価な材料を使って美的にも良いものというよりも機能的というか下地の位置などを気にせず自由に棚やフックなどを移動増設できるような変化に対応できる壁を作ろうと思いました。結果「何かを引っ掛ける」為に既製品である間柱(90×30)を25ミリの隙間を開け等間隔に打ち付ける仕上げとしました。

こちらは2F書庫の様子です。(1Fは足の踏み場もない程なので整理してからのご紹介です。)
d0332870_785263.jpg

d0332870_711898.jpg

d0332870_7102484.jpg

ダクトレールに専用コンセントプラグを付けて移動可能としましたが・・・チョットやり過ぎました。電気設備は全て露出配線です。
d0332870_7112316.jpg

可動棚専用フックですがFB4.5㎜を所定の寸法にて曲げてもらい塗装しました。棚板を止め付ける為のビス穴を2個開けてあります。
d0332870_754756.jpg

フックは材木の間に差し込むだけですので取り外しは簡単です。棚板に重さがかかることにより外れにくくなる構造です。
d0332870_753114.jpg

d0332870_7542828.jpg

d0332870_7544363.jpg

棚板は端材のシナランバーコア等を適当に切って使います。厚みが21㎜ですと木板間の隙間に入りより安定します。
d0332870_813495.jpg

冒頭の「何かを引っ掛ける」という中には階段段板と手摺りも含まれます。
d0332870_832765.jpg

d0332870_834349.jpg

この仕組み階段周辺や棚板の可動については上手くいきましたが電気配線についての処理がもう一工夫必要と考えていますがその余地を楽しみながらこの仕組みを発展させていきたいと思っています。
[PR]

by TUBAKISATO | 2015-04-08 07:07 | 新築
2015年 04月 07日

1F塗装工事、2F和紙貼り工事終了

久しぶりのブログ更新となってしまいました。完成間際は何かと忙しくて・・・。と言う訳で少し前の工程になりますが仕上げ工事のご報告です。1Fは天井、壁共にペンキ仕上げですが下地に応じて色は同じでも材料を使い分けます。ボード下地にはAEP塗装、木部にはOP塗装を施します。

今回のペンキの色はグレーがかっております。開口部が大きく床板も淡い色なので落ち着きを持たせるべく明度を下げました。
d0332870_21591585.jpg

完了検査用に塗料成分記載部を撮影します。皆全てF★★★★です。
d0332870_2221720.jpg

d0332870_2223277.jpg

d0332870_2224529.jpg

書斎壁のみクリアー塗装ですので私が自分で塗装します。
d0332870_223112.jpg

こちらは季節外れの毒キノコ・・・ではありません。STEEL手摺りの小口キャップをニヤトー材にて製作してもらいましたのでクリアー塗装しました。木材とは思えないような鮮やかな色が浮き出てきます。
d0332870_2281435.jpg

塗装工事は下地処理が大切です。いつものことですが丁寧に仕上げてもらいました。ということで養生も撤去しいよいよ完成間近です。
d0332870_229721.jpg

ちょうどピンポイントで西日が差しているのは書斎です。
d0332870_22111849.jpg

2F和紙張り工事は一足早く終了していましたので養生を撤去し建具が既に入っています。
d0332870_22173833.jpg

d0332870_2215571.jpg

この後は電気、設備器具を取り付けし最後に床板を塗装します。いよいよ大詰めです。
[PR]

by TUBAKISATO | 2015-04-07 22:05 | 新築