椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 6 )


2017年 07月 19日

秋山建築学校 in木曽

先週の12日〜14日はteam次世代主催の「秋山建築学校vol3」in木曽に出席してきました。建築家秋山東一氏と共に地域工務店の設計実務者が集い共に設計力の向上を目指す機会ですからいつも刺激になります。

まずは村上工務店さんのモデルルームで建築の即日設計。「設計を実践で学ぶ」これこそ建築学校の醍醐味です。秋山先生の講評はモデルルームデッキスペースにて。気持ちの良い外部空間でした。
d0332870_06173953.jpg
d0332870_07505368.jpg
夜の宴。2次会は木曽三岳奥村設計所の板倉にて。伝統的な板倉づくりの内部は全てを包み込む包容力と共に快適に過ごす為の工夫(装置)に間近で接しているとコックピットのような緻密さが感じられました。
d0332870_07560064.jpg
d0332870_07555596.jpg
d0332870_07560678.jpg
明朝、外観を見る為に再び板倉を訪れる。周辺にある同構法の建物との違いは屋根が2重構造になっている所。今では木曽地方でも石置き屋根は少ないそうです。
d0332870_06204716.jpg
d0332870_06205499.jpg
d0332870_09540947.jpg

d0332870_06211040.jpg
二日目は木曽アルテック斉藤社長の仕事を見学。木、漆、和紙、鉄、様々な素材を使って空間を作っていく、その自由自在ぶりに圧倒されました。
d0332870_06220982.jpg
d0332870_06222235.jpg
d0332870_09321026.jpg
d0332870_09322163.jpg
d0332870_09315386.jpg
d0332870_09340185.jpg

そして松本に移動。最後に秋山先生設計の「飛曇荘」へ。私にとっても思い出深い住宅である飛曇荘は庭木も随分と成長し変わらず堂々と建っていました。その日は飛曇荘に泊めていただき明朝長野に戻りました。
d0332870_09433558.jpg
d0332870_09433040.jpg
d0332870_09434040.jpg
この度の木曽、松本の旅は改めて私のテーマでもある「堂々とした建築」について大いに考えさせらる時間となりました。

[PR]

by TUBAKISATO | 2017-07-19 09:56 | その他
2017年 03月 05日

建築を気持ちで考える

「建築倉庫」を出て次に向かったのは南青山にあるギャラリー間。ここで開催中の堀部安嗣展「建築の居場所」を見にきました。
d0332870_21590659.jpg
d0332870_21591745.jpg
d0332870_21593480.jpg
d0332870_22000666.jpg
d0332870_21594471.jpg
事前に出版された「建築を気持ちで考える」を読んでから訪れた訳ですが、一旦理性は端において建築を考えてみるという事の大切さを作り手だけでなく住まい手とも共有できるよう努めたいと思いました。会場内には堀部さんが普段事務所で使用している家具備品がたくさんあり繁々と見てきました。また展示物の中にさりげなく大勝軒山岸さん(長野県中野市出身)のDVDがおいてありました。(堀部さんが尊敬する人だそうです)


[PR]

by TUBAKISATO | 2017-03-05 21:53 | その他
2017年 03月 04日

建築模型

びおソーラー実践塾参加翌日は東京都内をあちこち見学してきました。なるべく移動を徒歩にし東京という町の雰囲気を感じながらまず訪れたのは東京都東品川にある「建築倉庫」。ここには名立たる設計事務所の建築模型が展示してあります。
d0332870_21184127.jpg
d0332870_21164677.jpg
模型のクオリティに関わる素材選びが参考になりました。
d0332870_21481442.jpg
d0332870_21475544.jpg
d0332870_21474536.jpg
d0332870_21473071.jpg
d0332870_21472076.jpg
d0332870_21470812.jpg
d0332870_21465930.jpg
d0332870_21464243.jpg
d0332870_21462218.jpg
d0332870_21461352.jpg
d0332870_21455213.jpg
d0332870_21454437.jpg
d0332870_21445384.jpg
2時間見ても飽きませんでした。オススメスポットです。








[PR]

by TUBAKISATO | 2017-03-04 21:30 | その他
2017年 03月 03日

びおソーラー実践塾に参加してきました。

今週の月曜日は東京田町にて町の工務店ネット&手の物語株式会社主催「びおソーラー実践塾」に参加してきました。30年間試行錯誤を繰り返し進化し続けた空気集熱式ソーラーシステムの始源である「太陽熱で温めた空気を室内に取り入れ換気を促し同時に室内を暖房する」ことを追求した仕組みそれが「びおソーラー」です。私も17年の間、空気集熱式ソーラーシステムを搭載した住宅、店舗、公共施設工事に携わってきましたがシンプルで高性能な「びおソーラー」システムこそリフォームにぴったりではないかと思い参加してきました。
d0332870_20575603.jpg
d0332870_20575369.jpg
こちらが屋根に載せる「集熱パネル」です。高透過型ガラスを採用し集熱効率もアップしたとの事。
d0332870_20575538.jpg
こちらはダンパーボックスとファンボックス。集熱した空気を室内に送り込む役割を担います。
詳しい内容につきましては3/4.5日開催のビオリノベーション相談会にご来場いただければスタッフがご説明させていただきます。



[PR]

by TUBAKISATO | 2017-03-03 21:29 | その他
2017年 01月 24日

駐車場計画。雪の始末について

ここの所降り続く雪の始末に苦労されている方も多いと思います。かく言う私も旗竿敷地に建つ自宅兼事務所の雪を脇に積んだり軽トラックに積んで指定場所まで捨てに行ったりと苦労しておりますが、雪を掻きながらまだ手を付けていない駐車スペースの計画に何かしらの積雪対策を盛り込まなければと画策中です。

d0332870_17490029.jpg

d0332870_17501670.jpg
d0332870_17504718.jpg
d0332870_17511441.jpg
まず旗竿敷地の駐車スペース全体を屋根付きカーポートとし雪は屋根に積んでおくという案が考えられますが敷地の大半が構造物に占領されているようで最期の手段としたい・・・です。そこで浮上するのが駐車場土間に融雪機能を施す案です。駐車場土間コンクリート内に電熱線を配線し電気の力にて雪を溶かす方法を見たことがありますが電気代が高く使いきれないという話しを聞きます。しかしこれからの時代効率の良い太陽電池と蓄電池で賄う事が出来るようになるかもしれませんから検討の余地ありです。それともう一つ現実的なのが地下水をまき融雪する方法です。こちらは豪雪地帯の飯山市や津南町等で見かけますが効果的です。本日妻の実家にて義父が井戸水をまきながらU字溝の雪を溶かしていたので水温をはかった所14度強ありました。
d0332870_18123979.jpg
d0332870_18130704.jpg
因みに水道水の温度は9度でしたから5度ぐらい井戸水の方が暖かいので融雪も効果的ですし何より水道代の心配がいりません。
d0332870_18163754.jpg
d0332870_18165479.jpg
井戸掘りは条件が良いと20万程度で出来るようですのでこちらも検討の余地ありです。(そもそも水脈があればの話ですが)
以上の様に寒冷地の駐車場計画はいろんな可能性があります。まずは我が家で実験となりそうです。

[PR]

by TUBAKISATO | 2017-01-24 17:33 | その他
2017年 01月 10日

取手、引き手、ハンドル

カラマツハウスの扉、引き出しで使用されている取手、引き手、ハンドルを集めてみました。
d0332870_953530.jpg

引き戸、ナラしゃくり引き手(クリア塗装)
d0332870_953496.jpg

引き戸、スプルスしゃくり引き手(ペンキ仕上げ)
d0332870_9541249.jpg

家具引き戸、ナラ引き手(クリア塗装)
d0332870_9545584.jpg

引き戸、チーク引き手(クリア塗装)
d0332870_9551453.jpg

扉、ゴム取手(design:黒川雅之)
d0332870_9554213.jpg

扉、真鍮取手(design:株best)
d0332870_956446.jpg

扉、真鍮レバーハンドル(design:堀商店)
d0332870_9561683.jpg

扉、真鍮握り玉(design:堀商店)
d0332870_9562652.jpg

引出し、sus取き手
d0332870_956366.jpg

引出し、革製引き手(design:小泉誠)
d0332870_95646100.jpg

家具引き戸、スプルス引き手合せ式(OS拭き取り塗装)
d0332870_9565992.jpg

家具引き戸、スプルス引き手(OS拭き取り塗装)

用途、機能によって使い分けることが重要ですから私自身毎日カラマツハウスで実験も兼ねて色々使っています。お試しになりたい方は是非一度。
[PR]

by TUBAKISATO | 2017-01-10 10:11 | その他