椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 30日

リノベーション計画、初プレゼン!!

昨日はリノベーション計画初プレゼンにお邪魔いたしました。築30年、約40坪程ある2階スペースを息子さん達が改修して移り住む計画です。新耐震基準が施行された昭和56年以降の住宅ではありますが床下に潜り基礎立ち上がりの位置を確認したり小屋裏に入り小屋組の状況を確認したりと調査した後プランニングしています。改修の場合は1:50模型を作成し間仕切りの様子がわかるようにしています。また台所、パントリー兼書斎、サニタリー、物干しスペースへの動線をスムーズにしながら構造以外の壁を天井いっぱいにせずに視線が抜けるよう計画しました。物干しスペースは新築する計画です。お施主様にも喜んでいただき来春着工に向けて進めて行く事となりました。とても楽しみです!!
d0332870_11023953.jpg
d0332870_10571881.jpg
d0332870_10564467.jpg
d0332870_10572929.jpg










[PR]

# by TUBAKISATO | 2018-09-30 11:04 | リノベーション
2017年 07月 19日

秋山建築学校 in木曽

先週の12日〜14日はteam次世代主催の「秋山建築学校vol3」in木曽に出席してきました。建築家秋山東一氏と共に地域工務店の設計実務者が集い共に設計力の向上を目指す機会ですからいつも刺激になります。

まずは村上工務店さんのモデルルームで建築の即日設計。「設計を実践で学ぶ」これこそ建築学校の醍醐味です。秋山先生の講評はモデルルームデッキスペースにて。気持ちの良い外部空間でした。
d0332870_06173953.jpg
d0332870_07505368.jpg
夜の宴。2次会は木曽三岳奥村設計所の板倉にて。伝統的な板倉づくりの内部は全てを包み込む包容力と共に快適に過ごす為の工夫(装置)に間近で接しているとコックピットのような緻密さが感じられました。
d0332870_07560064.jpg
d0332870_07555596.jpg
d0332870_07560678.jpg
明朝、外観を見る為に再び板倉を訪れる。周辺にある同構法の建物との違いは屋根が2重構造になっている所。今では木曽地方でも石置き屋根は少ないそうです。
d0332870_06204716.jpg
d0332870_06205499.jpg
d0332870_09540947.jpg

d0332870_06211040.jpg
二日目は木曽アルテック斉藤社長の仕事を見学。木、漆、和紙、鉄、様々な素材を使って空間を作っていく、その自由自在ぶりに圧倒されました。
d0332870_06220982.jpg
d0332870_06222235.jpg
d0332870_09321026.jpg
d0332870_09322163.jpg
d0332870_09315386.jpg
d0332870_09340185.jpg

そして松本に移動。最後に秋山先生設計の「飛曇荘」へ。私にとっても思い出深い住宅である飛曇荘は庭木も随分と成長し変わらず堂々と建っていました。その日は飛曇荘に泊めていただき明朝長野に戻りました。
d0332870_09433558.jpg
d0332870_09433040.jpg
d0332870_09434040.jpg
この度の木曽、松本の旅は改めて私のテーマでもある「堂々とした建築」について大いに考えさせらる時間となりました。

[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-07-19 09:56 | その他
2017年 06月 10日

庭の植物

長野も今週梅雨入りしました。今年の春は雨が少なかったので早い時期から散水していましたがようやく一安心。カラマツハウスの庭は賑やかになってきました。

d0332870_14394975.jpg
LDKより中庭。この時期が一番気持ちが良いです。
d0332870_14391168.jpg
アプローチの右手はジューンベリー。左手は紫陽花。
d0332870_14403370.jpg
d0332870_14411629.jpg
アプローチ踏み石の脇にはプラティアという小さい花が増えてボケっとしていると踏んでしまいます。
d0332870_14405819.jpg
プラティアは結構増えるようです。
d0332870_14404875.jpg
d0332870_14430839.jpg
d0332870_14423660.jpg
こちらはアルペンローゼの根元に植えたセージの花。いろんな種類があるようですが我が家のは赤い斑入りです。
d0332870_14412529.jpg
なかなか可愛らしい花です。葉を揉むとちゃんと匂います。
d0332870_14421078.jpg
セージの隣にはギボウシ。庭屋さん曰くこのギボウシは数あるギボウシの原種だそうですが・・・ほんとかなぁ?
d0332870_14422209.jpg
それにしても根っこに効率よく雨水を導くための形状に・・・感心です。
d0332870_14402673.jpg
こちらはジューンベリーの実。今年は鳥に食べられる前にネットをかけたおかげで我々にも回ってきそうです。
d0332870_14415187.jpg
こちらは朝顔。昨年まではプランターでしたが今年から直植えしましたので広がって日除けになる事を期待してます。
d0332870_14414693.jpg
こちらも今年から土を耕し植えたインゲンと茶豆。すくすく伸びています。
d0332870_14451671.jpg
こちらはブルーベリー。9月ごろには実がなるでしょう。


d0332870_14460137.jpg
南庭のシャラの根元にあるイカリ草。綺麗な紫色の花が咲きました。

d0332870_14455565.jpg
北庭にあるツリバナマユミとヤマコウバシの根元に植えたジャーマンアイリス。先日の豪雨で花が倒れてしまったので棒で補強しました。なかなかお見事な花です。

以上カラマツハウスには小さいですが環境の異なる庭が3つあります。それぞれの特性にあいそうな植物を庭やさんが植えてくれました。私も少しづつですが調べながら増やしています。手をかけた植物の成長を見守る、なかなか楽しいものです。



[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-06-10 15:12 | 生活
2017年 05月 01日

桜堂の家改修工事、完成しました。

桜堂の家改修工事がようやく完成しました。キッチンを機能的に美しく、余り活用しないダイニングが魅力的になるようにクライアントと話し合いを進めました。そして4.5坪の改修とはいえ工事に概ね1ヶ月かかりましたが納得のいくものとなりました。
d0332870_06270804.jpg
左側が築90年になる母屋居間です。

d0332870_06133173.jpg
d0332870_06175237.jpg
既存柱を抜くことも検討しましたがそれほど動線の邪魔にならないとの理由から残す事となりました。
d0332870_06134911.jpg
d0332870_06175032.jpg
天井と床板は桐板を使用。壁は砂漆喰とタイル張りとなっています。全体的に淡い色の素材が選ばれています。
d0332870_06150575.jpg
d0332870_06145751.jpg
d0332870_06144298.jpg
昼間照明をつけなくても暗くなくなりました。
d0332870_06143691.jpg
d0332870_06140197.jpg

夏頃にはクライアントがオーダーしているペンダントライトとテーブル、椅子が到着するとの事、楽しみです。



[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-05-01 06:51 | リノベーション
2017年 04月 24日

桜堂の家改修工事、タイル張りと砂漆喰塗り

桜堂の家改修工事はタイル工事と左官工事を同時に進めます。タイル張りはキッチン周辺だけですがタイル割りに則り300角タイルを規則的に張ってもらいます。
d0332870_21400281.jpg
d0332870_21420800.jpg
同じ職人さんがタイル張りと同時に砂漆喰塗りも進めてくれます。改修工事を効率良く丁寧に進める為にはこの様なちょっとした事が重要です。しかも今回は砂漆喰に黄土を混ぜて若干ベージュ色で仕上げます。通常の漆喰塗りと異なり砂と寒水石が調合されているのでザラザラした感じの仕上がりとなります。
d0332870_21403759.jpg
d0332870_21402625.jpg
石膏ボードにプラスター塗りを施した後砂漆喰を塗りつけていきます。(白く見える部分はプラスター塗り完了部分)
d0332870_21414281.jpg
通常の漆喰とは同じ漆喰でも随分仕上がりが異なります。
d0332870_21412072.jpg
細かい部分が多いのでご苦労をかけています。
d0332870_21413337.jpg
d0332870_21421573.jpg
d0332870_21421920.jpg
タイル張り、砂漆喰塗り完了しました。左官仕上げはテクスチャーにより光の拡がり方など随分異なり写真では分かりづらいですが桐板に近い色の砂漆喰仕上げは柔らかい印象と共に荒いテクスチャーに影ができ重心の低い落ち着いた空間になりました。いよいよ器具付け床塗装を行い家具扉を取り付ければ完成となります。




[PR]

# by TUBAKISATO | 2017-04-24 22:03 | リノベーション