椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 24日

桜堂の家改修工事、タイル張りと砂漆喰塗り

桜堂の家改修工事はタイル工事と左官工事を同時に進めます。タイル張りはキッチン周辺だけですがタイル割りに則り300角タイルを規則的に張ってもらいます。
d0332870_21400281.jpg
d0332870_21420800.jpg
同じ職人さんがタイル張りと同時に砂漆喰塗りも進めてくれます。改修工事を効率良く丁寧に進める為にはこの様なちょっとした事が重要です。しかも今回は砂漆喰に黄土を混ぜて若干ベージュ色で仕上げます。通常の漆喰塗りと異なり砂と寒水石が調合されているのでザラザラした感じの仕上がりとなります。
d0332870_21403759.jpg
d0332870_21402625.jpg
石膏ボードにプラスター塗りを施した後砂漆喰を塗りつけていきます。(白く見える部分はプラスター塗り完了部分)
d0332870_21414281.jpg
通常の漆喰とは同じ漆喰でも随分仕上がりが異なります。
d0332870_21412072.jpg
細かい部分が多いのでご苦労をかけています。
d0332870_21413337.jpg
d0332870_21421573.jpg
d0332870_21421920.jpg
タイル張り、砂漆喰塗り完了しました。左官仕上げはテクスチャーにより光の拡がり方など随分異なり写真では分かりづらいですが桐板に近い色の砂漆喰仕上げは柔らかい印象と共に荒いテクスチャーに影ができ重心の低い落ち着いた空間になりました。いよいよ器具付け床塗装を行い家具扉を取り付ければ完成となります。




[PR]

by TUBAKISATO | 2017-04-24 22:03 | リノベーション


<< 桜堂の家改修工事、完成しました。      桜堂の家改修工事、塗装工事 >>