椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 10日

桜堂の家改修工事、床張り、家具キッチン搬入

桜堂の家改修工事の床は桐板を使用します。桐板と言えば調湿性に優れていますが柔らかい為傷がつきやすい樹種です。しかし今回は素材感と足触りを重視し使用する事としましたがプラネットカラーのハードクリアオイルを塗り表面を少し硬めに仕上げます。
d0332870_21190600.jpg
d0332870_21185553.jpg
桐板の厚みは15ミリ。幅も135ミリあります。

床を張り終えたら家具キッチンを取り付けます。家具屋から扉を外して現場へ搬入し現場でデュポンコーリアンカウンターを取り付けました。
d0332870_21202206.jpg
d0332870_21201633.jpg

d0332870_21201813.jpg
d0332870_21202090.jpg

すでに済ませてあったガス、上下水道配管の点検取付用パイプシャフトの位置もピッタリ納まり予定通り取り付きました。綺麗に養生し天井桐板張りに備えます。




by TUBAKISATO | 2017-04-10 21:35 | リノベーション


<< 桜堂の家改修工事、桐板天井張り...      桜堂の家改修工事、下地づくり。 >>