人気ブログランキング | 話題のタグを見る

椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 14日

ガラス搬入、開口部完成 その1。

  新年より大工さんは内部の造作を始めましたが我々は外部の大仕事が一つ残っています。ほぼ恒例となりつつある大型ペアガラスの搬入です。重さ100kgを超えるガラスをあらかじめ立て込んである木製建具にはめる作業です。これが毎回大変なのです。今回は搬入路が長い上に倉庫棟の下野屋根軒先が低い為屋根をかわさなければなりません。私も含め6人で搬入ですが・・・その前に木製建具の立て込みまでの様子です。

建具屋さんにて建具框部を加工し組み立ててもらいます。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17403175.jpg

引き手部分はチーク材を使用。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17405230.jpg

モヘア取り付く部分のしゃくり加工。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17411869.jpg

そして工場にて塗装。乾いたら現場へ搬入して立て込みます。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17413390.jpg


建具屋での作業と並行して現場では建具の取り付く部分の枠や敷居を大工さんが取り付けます。建具が重い為今回も敷居はsteelにて制作してもらいました。敷居片持ち部分の補強材をFBにて加工しあらかじめ敷居に溶接してから基礎に緊結します。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17463387.jpg

室内部は鋼製束にて支えます。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17464979.jpg

ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_1747587.jpg

敷居は外部から風除室を横断し室内にある戸袋まで繋がっています。今回はこの風除室の考え方について悩みましたが、このバッファーゾーンの積極的活用が機能のみならず寒冷地における豊かな空間作りのポイントになると思いました。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17472064.jpg

今回敷居レールに角形を採用しましたので戸車も株ヨコヅナのステンレス溝型戸車を使用しました。2個で対荷重150kgです。
ガラス搬入、開口部完成 その1。_d0332870_17473490.jpg


という事でガラス搬入となりますが少々長くなりましたのでこの辺で小休止。続きは次回へ。

by TUBAKISATO | 2015-01-14 18:11 | 新築


<< ガラス搬入、開口部完成 その2。      そして、足場撤去しました。 >>