椿建築所BLOG

tubaki1117.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 22日

防湿シート敷きと捨てコン打設

砕石敷きが終わりましたらその上に土中からの湿気を抑える防湿シートを敷きます。その後型枠の位置基準を描くために「捨て」と呼ばれるコンクリートを打設します。

d0332870_551640.jpg

子供達には特別立ち入りを許可しました。なかなかない経験ですから。
d0332870_5522846.jpg

倉庫棟の地業工事も完了し、これにて型枠工事に移るわけですが本基礎工事は外断熱を採用しておりますのでこの段階で断熱材が現場に搬入されました。

d0332870_654473.jpg

d0332870_66082.jpg


本工事は環境創機の「そよ風システム」を採用しているので床下を室内空間同等とする必要があり基礎コンクリート外側に50ミリのポリスチレンフォームを張り付けます。住宅計画により基礎、断熱の考え方も様々です。
[PR]

by TUBAKISATO | 2014-10-22 06:10 | 新築


<< 鉄筋工事      砕石の転圧 >>